奇岩

11月30日  木曜日   
ウドーン・ターニー(Udornthani)の旅 (May.16-17.2005)
 
 タイ東北部にあり、バンコクから約564Km(飛行機で約1時間)ある。
この町は、19世紀末ラオスの植民地を進めるフランスとタイとの間に締結された条約に基付き、設定されたメコン川以南25Kmの緩衝地域に出来き、その後ヴェトナム戦争時代に、アメリカ空軍の基地として栄え、米軍撤退後衰退したそうだ。 しかし、郊外に世界最古の農業文明跡と言われる、ユネスコの世界遺産にも登録されているバーン・チアン遺跡があるという。
 
 手配していたタクシーの運転手とロビーで会い、車に乗り込んだ。 大分古い車で、タコ・メータはあるがスピード計の針は動いていなかったし、ドアもバネがへたっており、開けるとブラブラしていて乗降しにくい。 まず、ガソリン・スタンドに寄り満タンにして、町より北西56Kmにあるプー・プラ・バート歴史公園に向かった。 片側3車線の国道2号線を北上し、途中で2021号線に入り1時間程で到着。
 
 ここには、トルコ、カッパドキアで見たような奇岩と称されるものが、歴史公園内に散在している。 パンプレットによると、数百万年前この地は、氷河に覆われていたようで、それが溶ける際、地層を侵食しこのような風景を生み出したそうだ。 また、歴史公園と呼ばれるゆえんは、氷河期以降の先史時代の人が住んでいた跡が見られる
c0094065_123598.jpg

c0094065_1244548.jpg


トルコの旅 (Dec29.2002)
 トルコの首都アンカラからバスでカッパドキアへ。アナトリア高原の中心に広がる大奇岩地帯は、雪が降っていた。数億年前に起きたエルジェス山噴火によって造られた。火山灰と溶岩が数百mづつ積み重なった後、風雨に侵食されキノコ状の形となった。
 
 写真は沢山あるが、デジカメが、壊れてしまっていたので、ここに写真を載せられないのがとても残念。と思ったが・・
c0094065_8343877.jpg

c0094065_8353774.jpg

デジカメで撮って載せてみた。。
[PR]

by krung_theep | 2006-11-30 01:36 | 旅行  

<< 踊る美しい少女たち 欲しい物、求めて・・ >>