<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

奇岩

11月30日  木曜日   
ウドーン・ターニー(Udornthani)の旅 (May.16-17.2005)
 
 タイ東北部にあり、バンコクから約564Km(飛行機で約1時間)ある。
この町は、19世紀末ラオスの植民地を進めるフランスとタイとの間に締結された条約に基付き、設定されたメコン川以南25Kmの緩衝地域に出来き、その後ヴェトナム戦争時代に、アメリカ空軍の基地として栄え、米軍撤退後衰退したそうだ。 しかし、郊外に世界最古の農業文明跡と言われる、ユネスコの世界遺産にも登録されているバーン・チアン遺跡があるという。
 
 手配していたタクシーの運転手とロビーで会い、車に乗り込んだ。 大分古い車で、タコ・メータはあるがスピード計の針は動いていなかったし、ドアもバネがへたっており、開けるとブラブラしていて乗降しにくい。 まず、ガソリン・スタンドに寄り満タンにして、町より北西56Kmにあるプー・プラ・バート歴史公園に向かった。 片側3車線の国道2号線を北上し、途中で2021号線に入り1時間程で到着。
 
 ここには、トルコ、カッパドキアで見たような奇岩と称されるものが、歴史公園内に散在している。 パンプレットによると、数百万年前この地は、氷河に覆われていたようで、それが溶ける際、地層を侵食しこのような風景を生み出したそうだ。 また、歴史公園と呼ばれるゆえんは、氷河期以降の先史時代の人が住んでいた跡が見られる
c0094065_123598.jpg

c0094065_1244548.jpg


トルコの旅 (Dec29.2002)
 トルコの首都アンカラからバスでカッパドキアへ。アナトリア高原の中心に広がる大奇岩地帯は、雪が降っていた。数億年前に起きたエルジェス山噴火によって造られた。火山灰と溶岩が数百mづつ積み重なった後、風雨に侵食されキノコ状の形となった。
 
 写真は沢山あるが、デジカメが、壊れてしまっていたので、ここに写真を載せられないのがとても残念。と思ったが・・
c0094065_8343877.jpg

c0094065_8353774.jpg

デジカメで撮って載せてみた。。
[PR]

by krung_theep | 2006-11-30 01:36 | 旅行  

欲しい物、求めて・・

11月23日   木曜日
今日は、出かけない日と決めている日。なんだけど・・読む本も無くなり、古本屋に行きたい。タイ・ソングのCDも買いたい。と、いうことで出かけた。まずは、眺めの良いフード・コートでランチ。
c0094065_21285057.jpg

ここは、私たちが、散歩に行く公園。
c0094065_212959100.jpg

中華とベトナム料理(もやしが下に入っていてヘルシー)全部で150バーツ
c0094065_21324618.jpg

どんな曲か聴いてみたくて・・購入。
c0094065_21351238.jpg

それから、文庫本を3冊買った。
[PR]

by krung_theep | 2006-11-23 21:44 | 日誌  

ミニ・クラッシック・コンサート

11月20日  月曜日
 クラッシック・コンサートを聴きに行く機会が、再び訪れるなんって・・・
17年前だったかアメリカにいた時、一度だけクラッシックのコンサートに、夜、出かけたことがある。ほとんど何も覚えていないが、客の衣装が黒一色だったことと、休憩時間にシャンパン、ワインがサービスされていたことだけは覚えている。。
c0094065_19301123.jpg
 今日のコンサートは、「クラッシックの音楽の魅力、奥深さをもっと多くの人に伝えたい」という趣旨で始めて今年で3回目だということだった。今年は、モーツアルト生誕250周年ということもあって、曲と曲の間に、モーツアルトの生涯を語って聞かせる。”ビアノとバイオリンのためのソナタ“ ”オペラ「フィガロの結婚」より恋とはどんなものかしら“ など。昼間の2時間良い時間を過ごした。午後1時30分会場を出ると、外はどしゃ降り。
[PR]

by krung_theep | 2006-11-20 19:47 | 日誌  

タラート・チャト・チャック

11月18日  土曜日
 バンコク市街より北にある市場へ行ってきた。
毎週土曜、日曜に開かれ衣類、古本、食器、食料品、アンティーク、家具、動植物までいろんな物が揃う、大規模マーケット。
 日差しがジリジリと照り付ける中、若者がひとり、エイズの治療のため(?)と称しての寄付金集めをしていた。(ちょっと、怪しげ・・)
c0094065_23133412.jpg

そして、カルシュームたっぷりのこんな物も売っている。
c0094065_23104278.jpg

[PR]

by krung_theep | 2006-11-18 23:15 | 日誌  

11月14日   火曜日
ロップリー県で見た街路樹の花が綺麗だった。
この花は、ゴールデンシャワー。タイの国花。
c0094065_14115332.jpg

c0094065_14165968.jpg

住まいの近くにも。
c0094065_1420216.jpg

c0094065_14213999.jpg

あとの3種類の花の名前はわからない・・・
[PR]

by krung_theep | 2006-11-14 14:34 | 植物  

ロップリーのひまわり

11月13日   月曜日
昨日、バンコクより北へ(150キロ余り)バスで2時間40分、(一人120バーツ)長い歴史を持つ古い町ロップリーへひまわりを見に行ってきた。
c0094065_15575471.jpg

c0094065_16323376.jpg

到着したのは、お昼をすでに過ぎていたので、まずは、食べたい。ご飯に2種類くらいのおかずをのせたのでもいいと思って(夫はこれをぶっかけ飯という)、探すが無いのか見付けられないのか・・ラーメン屋さんが多い。仕方なく一杯25バーツのセンレックを食べた。
c0094065_1559275.jpg

市内バスで旧市街に行きインホメーション・センターで情報を得る。
c0094065_1602251.jpg

みどころは旧市街地に集中してるので、折角なので近くを回った。
プラ・シー・ラタナー・マハタート寺院跡 ロップリーで最も高くそびえるクメール式仏塔。
c0094065_1613676.jpg

プラ・プラーン・サム・ヨート 13世紀に古代クメールの神殿として建てられた。
c0094065_1695385.jpg

バス・ターミナルからひまわり畑へ行けるバスが出ているということだったので、市内バスで戻って乗り換え1時間ぐらい乗ったところで車窓から、黄色い色の絨毯を惹いたような景色にところどころ変わってきた。運転手は、(乗る時、伝えておいた)この辺でどうだとばかりに笑顔でバスを止め、何やら早口のタイ語でしゃべって降ろされた。私たちは、ここが、自慢の場所なのかと笑顔の運転手と手を振って別れた。
c0094065_16111277.jpg

c0094065_16123746.jpg

見事なひまわり畑の側に、小屋があり牛を飼いながら、留守番なのかそこで生活しているのか、音楽を聴いている青年がいる敷地へ入っていって、写真を撮らせて下さいとお願いすると快くお応じて下さった。年の頃36~8と思われた。「朝、夕の方が最も綺麗なんだよと」と彼は言う。そして、私に「韓国人か?」と聞く。韓国人に間違えられたのは初めてだった。日本人だというと「ありがとう」と日本語が戻ってきた。私は「ありがとう。さようなら」と日本語で挨拶してその場を後にした。ロップリー県には100,000ライ以上の面積を誇るひまわり畑があるといわれる。(1ライ=1,600㎡)
バスから降りた反対側から、手を上げてバスに乗り(一人23バーツ)ロップリーへ戻った。インホメーション・センターで得た情報によると、バンコクまで、バスよりも早くて安い、バンが出ていると聞いていたので帰りはバンにした。
(一人100バーツ)2時間といわれたが混んでいたので2時間20分だった。降ろされた場所もよかった。バスなら、もっとかかっていたと思う。8時半過ぎにやっと夕食を取ることができた。写真を撮ることも忘れるくらい、空腹と疲れがピークだった。。途中、気がついて撮った写真。
c0094065_1614686.jpg

写真左から空芯菜の炒め物、プー・パッポン・カリー、トム・ヤム・クン。
[PR]

by krung_theep | 2006-11-13 16:36 | 旅行  

乾期

11月11日   土曜日
 乾期に入って、バンコクはこれからビアー・カーデンの季節。昼間の日差しは強く感じる今日この頃。しかし、吹く風はどこと無く気持ちが良い。
c0094065_16392973.jpg

c0094065_1647089.jpg

[PR]

by krung_theep | 2006-11-11 16:56 | 日誌  

思いっきり・・食べたい物を。

11月9日   木曜日
今週は夫が3日間外で食事なので、こういう時に私の食べたい物を作くる。
夫の為のメニューには、殆んどない揚げ物や散らし寿司など。
今夜は、インスタントの”五目寿司の素”を使って、海老、しその葉、いんげん、ねぎ、錦糸玉子を加えて十目寿司にした。
c0094065_22495562.jpg

我が家には、タイ米 (タイ料理には、やはりタイ米が良い)
         玄米 (血糖値の上昇が白米より緩やかなので)
         白米 (日本食には白米)
私たちの場合はなんでも良いとも言えるが、、やはり、お寿司は白米に限る。という訳で3種類常備している。
[PR]

by krung_theep | 2006-11-09 23:26 | 日誌  

思うこと・・

11月9日   木曜日
タイの農産物には、日本の基準を超える農薬が使われているという。
スーパーでは無農薬コーナーがあり値段は多少高くなる。無農薬食品を買うようにしているが、くだものは普通に買っているし(くだものの無農薬コーナーは無い)この国で、そんなこと言っていたら生きてはいけないということも十分に理解もしている。。

タイ人は、美しく見せて売ることをモットーにしていると思えるくらい、外見を良くする様努力するので、タラート(市場)は、安いので、つい買ってしまいたくなるが、安い代償が後々体に現れるのではと、気になってあまりタラートでは買わない。
以前、タラートで買ったキャベツを茹でた時、これまで嗅いだこと無い匂いだったので、捨ててしまったことがある。見極める確かな目と舌が重要にに思われる。

昨日のデザートの色彩の鮮やかさを、びっくりされた方もいらっしゃると思う。農薬を沢山使っている国なのに、あの色はほとんど植物からだということも伝えておきたいと思って・・・書き始めたけど・・その元になるものが、農薬付けということも考えられる。グリーンの色はバイ・トゥ-イという葉の汁を使い、黄色は芋を練りこんだり、オレンジ色は南瓜の色ということは確かだが・・
[PR]

by krung_theep | 2006-11-09 17:30 | 日誌  

タイのデザート

11月8日  水曜日
このレストランのタイ料理ビッフェは、料理の種類は少ないけど、デザートが好きなので、友達を誘って行って来た。
c0094065_16345667.jpg

c0094065_1636376.jpg

c0094065_16371531.jpg

[PR]

by krung_theep | 2006-11-08 16:44 | ランチ